カレンダー

読書メーター

  • あきこの最近読んだ本
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

陰日向に咲く

34441168

陰日向に咲く / 劇団ひとり

あらすじ

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。

続きを読む "陰日向に咲く" »

イグアナの嫁

41pkolnfol__sl500_aa300_

イグアナの嫁 / 細川貂々

2007年4月号掲載
ベストセラーとなった『ツレがうつになりまして。』の著者がおくるコミックエッセイ第2弾! 無職・無気力・無責任の三拍子がそろった夫婦の救世主は、無声・低温・グロテスクな一匹のイグアナだった!? 爆笑しつつもダメ夫婦の成長する姿にはじんわり感動も。(工)

無職・貧乏・うつに立ち向かう夫婦の、笑いと涙の感動マンガ!ベストセラー◆『ツレがうつになりまして。』の著者が贈る待望の第二弾!人生の大切なことは全てイグが教えてくれた。『ツレうつ』前後の期間を含む約六年を描く。貧乏で、無気力で、後ろ向き。そんなダメダメ夫婦が、ある日ひょんなことからイグアナを飼い始める。それをきっかけに、「この子のために自分たちが変わらねば!」と夫婦が少しずつ成長していく。「イグの為に」と定職につく夫、漫画の持ちこみを始める妻。しかし順調な生活も束の間、連載を打ち切られ妻は卑屈になる。さらに、夫が突然うつになり、夫婦はピンチを迎える。追い込まれた妻は自分自身を省みる。いつも頼ってばかりの私。頼られてばかりの夫。「夫もつらかったんだろうな。」そう気づいた妻は、前向きになって壁に立ち向かった。

続きを読む "イグアナの嫁" »

2010年4月27日 (火)

蛇にピアス

08746048

蛇にピアス / 金原ひとみ

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した―。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮烈に描き、すばる文学賞と芥川賞を受賞した、金原ひとみの衝撃のデビュー作。

続きを読む "蛇にピアス" »

2010年4月26日 (月)

針治療

Img_3965

画像はぜんっぜん関係ない。ゴキゲンヴルデnote

知人の紹介で針治療を受けてみた。

続きを読む "針治療" »

2010年4月25日 (日)

ツチヤの口車

16367300

ツチヤの口車 / 土屋賢二

2005年10月号掲載『週刊文春』で好評連載中のツチヤ教授の爆笑エッセイが待望の単行本化。お茶の水女子大学の学部長には就任したけれど相変わらず妻には叱られてばかり…という設定もさることながら、やはり「口車」に乗せられるようなさっぱりした読後感がポイントなのでしょう。(工)

続きを読む "ツチヤの口車" »

2010年4月23日 (金)

影との戦い ゲド戦記Ⅰ

Ag041m

影との戦い ゲド戦記Ⅰ/アーシュラ・K・ル=グウィン

あらすじ

ゲドは,自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ,真の魔法を学ぼうと,魔法使いの学校に入る.進歩は早かった.得意になった彼は,禁じられた呪文を唱え,死の国の影を呼びだしてしまう.

続きを読む "影との戦い ゲド戦記Ⅰ" »

2010年4月22日 (木)

レントゲン

Imgp4755

春は狂犬病、フィラリア検査、健康診断。

行きつけの獣医さんのところでも、足のびっこが気になるので

レントゲンを撮ることになった。

続きを読む "レントゲン" »

2010年4月21日 (水)

霧のなかの子

51as7ejjpxl__sl500_aa300__2

霧のなかの子 / トリイ・ヘイデン

  2005年7月号掲載
嘘ばかりつく少女、天使のように愛らしい無言の少年、言葉を失った老女……。教師を辞めてセラピストになっていたトリイは、症状もバックグラウンドもまったくバラバラな、3人の人生に関わることになった。『シーラという子』の著者が贈る、待望の最新ノンフィクション。(武)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
教師を辞め、無言症の専門家として病院のセラピストの仕事についたトリイは、謎めいた三人のケースに関わることになった。9歳のカサンドラには現実の存在とは思えぬ妖精のような雰囲気があった。虚ろな目つきをしたかと思うと、感情を爆発させて暴れ、その後何日間も無言を通す。最大の問題は、悪質な嘘をつくことで、傷つきやすい他の子どもだけでなく、大人までパニックに陥れた。これも実父に2年間誘拐されていた影響なのだろうか。そんななか、トリイは遠く離れた町の有力者から4歳の孫ドレイクを話せるようにしてほしいと強引な要求をつきつけられる。いつも大きなトラのぬいぐるみを抱えた活発で愛くるしいその少年は、人とコミュニケーションをとりたがっているようなのに、なぜ母親以外には決して話さないのか?さらに、老人科のソーシャル・ワーカーから懇願されて、トリイは脳卒中で話せなくなった老女ゲルダの様子も見ることになる。やがてドレイクの母親からは驚くべきことを打ち明けられ、一方、カサンドラにも意外な側面が見えてくる…。いずれのケースも進展を見せず、思い悩むトリイの前に明らかになっていく真実とは?情緒障害児との心の交流を描き、世界中に感動を呼ぶ著者が、家族とは何か、その真の意味を問う感動のノンフィクション。

続きを読む "霧のなかの子" »

2010年4月18日 (日)

ジョリィくん

Imgp4946

ジョリィくん家に遊びに行きましたhousenote

続きを読む "ジョリィくん" »

2010年4月17日 (土)

アマルフィ

51yirspsjnl__sl500_aa300_

アマルフィ / 真保裕一

日本人少女が失踪。誘拐か、テロの序章か?
ローマ、ナポリ、アマルフィ海岸ーーイタリアを舞台に壮大なスケールで描かれるサスペンス超大作!
外交官・黒田が見出した事件の全貌とはーー。
フジテレビ開局50周年記念映画、原作本!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ギリシャ神話の英雄ヘラクレスは、愛する妖精の死を悲しみ、世界で最も美しい地にその亡骸を埋めて街を作った。その街の名は─アマルフィ。まさしく我々が命を懸けるに相応しい作戦名だった。ローマで日本人少女が誘拐。真相を追い、外交官黒田がイタリアを駆ける。サスペンスの名手真保祐一が書き下ろす、エンターテイメント小説の新境地。

続きを読む "アマルフィ" »

2010年4月15日 (木)

4月15日

1

ニューフェイスのコ。

3歳馬?!

続きを読む "4月15日" »

2010年4月12日 (月)

びっこの原因

Img_3964

続きを読む "びっこの原因" »

2010年4月11日 (日)

PD 競技会

Dsc_0053

いつもはJKC。

前回はPDもどきで出たので

今回は初めて、G1に出た。

続きを読む "PD 競技会" »

2010年4月 8日 (木)

4月8日

Imgp4902

またまたマンツーマン当たった(≧▽≦)

続きを読む "4月8日" »

2010年4月 3日 (土)

お花見

Imgp4871_1

桜が綺麗に咲いてきましたcherryblossom

続きを読む "お花見" »

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »