カレンダー

読書メーター

  • あきこの最近読んだ本
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日本のへそ | トップページ | 極北クレイマー »

2011年5月16日 (月)

5月16日 障害

Imgp6363

カラダが大きくて力強いコ(5鞍目)

フラットワークで動かしすぎたんだろうか。

高い障害を飛ぶ時の踏切位置から飛んだ。

付いていけなかった。

カラダがどういう状態になったのか分からないが

飛ばされた。

落馬はせず、馬の首で止まったような。

馬がそこにじっと居てくれたので良かった。

高い障害を飛ぶ時と、低い障害を飛ぶ時では姿勢を変えるのだろうか?

遅れたから馬の後ろ足が上がる時に、お尻が跳ね上げられてしまったのか?

障害に向かう直線で脚入れたのがマズかったか?

私が付いていけなかっただけで、悪くない。

思いの外、よく推進が効いていたということで良い事。 と言われたけど。。。

落ちそうになってるんだから、よかーない。。。

ま、確かに飛んだ後、馬が暴れることも無かったけどさ。

 

輪乗りでよく動かして、半減脚で障害に向かう方がいいのか?

 

うーん。

どう対処すればいいんだ????????

後記

あーなってしまったらどうしようもないらしい。

お尻を馬の後躯で跳ね上げられてしもてるから対処の仕様がないらしい。

« 日本のへそ | トップページ | 極北クレイマー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本のへそ | トップページ | 極北クレイマー »