カレンダー

読書メーター

  • あきこの最近読んだ本
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 永遠の0 | トップページ

2013年6月21日 (金)

ジェノサイド

ジェノサイド

ジェノサイド / 高野 和明

内容紹介

       創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――。            

内容(「BOOK」データベースより)

       急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。

ファンタジー。

あり得ない設定だけどドキドキしながら読み進む。

 

人類は自分たちを凌駕する存在を恐れるものなのだろうか。

宇宙人がいたら抹殺するのだろうか。

貧しさゆえか、教育のなさなのか、子供が兵士になるのは悲しすぎる。

« 永遠の0 | トップページ

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠の0 | トップページ