カレンダー

読書メーター

  • あきこの最近読んだ本
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 虹 | トップページ | ジェノサイド »

2013年6月18日 (火)

永遠の0

永遠の0 (ゼロ)

永遠の0 / 百田 尚樹

内容紹介

       「生きて妻のもとへ帰る」<BR> 日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた……。<BR> 人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。<BR> 元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗りーーそれが祖父だった。<BR> 「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか? 健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。<BR>はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語!            

著者からのコメント

       この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。

タイトルに惹かれて手にとったので、戦争の話とは知らず。

初めて零戦がカッコイイと思い、興味を持った。

歴史って何? 真実って何? と思わされた。

宮部久蔵の生き様が恰好いいと思った。

戦争の部分は読みづらかったけど、兵士の心情の描写は面白かった。

« 虹 | トップページ | ジェノサイド »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹 | トップページ | ジェノサイド »